音の調整・ノイズ除去作業

CDやDVDに納めるための音源(スタジオ・ホールなどで録音されたテープやCD-R等)を最新のデジタル技術を使って補正を行います。
この補正作業は写真現像でいうと色補正・明るさ補正作業に当たり、音の傾向を細かく分析・補正し音楽的に好ましい状態になるよう調整します。
例えば楽器の音色に艶を出したり、音に厚みを出したりと録音時のバランスでは表現できない本来の演奏(音)にある要素を最大限に引き出すことが可能です。
また音源がカセットテープやレコードの場合ノイズが多く聴きづらい場合があります。
当社ではこのノイズ除去作業も承ります。古い音源でも安心してCD化ができます。
これらの細かな作業がマスタリングエンジニアの腕の見せ所です。
通常市販されている音楽CDは100%と言っても良いぐらいこのマスタリング作業が行われています。