プレス工場用マスターにするための規格に適した編集・マスターディスク作成

音質調整が終わった音源をCDプレスにするために曲順・曲間(時間)レベル(音量)を適切に調整します。
ライブなどは同時に拍手や歓声のカット等の編集をしながら組み立てていきます。
この作業もCDの完成度にかかわる重要な作業になります。さらに組み立て終わった段階で工場へ納品するためのプレス用CD-R(マスターディスク)を作成します。音質が劣化しないように心がけながら丁寧に仕上げていきます。

以上の作業を『マスタリング』と呼んでいます。 当社で作成されたマスターディスクはプレス工場にてレーザーカッティング・プレス作業を経て皆様のもとへ音楽CDとして届けられます。
(当社マスタリングエンジニア・川西広文)